【ASICS】メタスピードSKYとEDGEを徹底比較!

メタスピードレビュー

みなさん、こんにちは!

今回はメタスピードスカイとエッジを履いてみた感想を書いていきたいと思います!

厚底といえば、NIKEのヴェイパーフライやアルファフライを履いている人が多いと思いますのでその比較もしていこうと思います!

こんな人にオススメ
  • メタスピードが気になっている人
  • メタスピードスカイとエッジの違いを知りたい人
  • 新しい厚底を履いてみたい人

一般的な違い

ASICS公式より
公式では

メタスピードスカイ

ストライド型ランナーが、よりストライドを伸ばし、少ない歩数でゴールすることを目指す

トップアスリート向けシューズ

ASICS公式

メタスピードエッジ

ピッチ型ランナーが、ピッチを調節しながらストライドを伸ばし、少ない歩数でゴールすることを目指す

トップアスリート向けシューズ

ASICS公式

スカイストライドタイプ向け、エッジピッチタイプ向けに作られたシューズのようです!

スクロールできます
SKY(スカイ)EDGE(エッジ)
重さ約199g(27.0cm)約188g(27.0g)
ミッドソールの厚さ33mm29mm
ドロップ(踵と前足部の高低差)5mm8mm
価格27,500円(税込)27,500円(税込)

大きな違いは重さソールの厚さで、ソールやアッパーの生地は同じです!

ソールにはASICSGRIPが用いられ、濡れた路面でもグリップ力を発揮できるようになっています!アッパーにはエンジニアードメッシュを採用し、メッシュ生地で非常に軽い素材になっています!

生地は初期のヴェイパーフライに似ていると思います。

メタスピードSKYとEDGEのソール

履いてみた感想

メタスピードスカイ

初めて履いた感想はヴェイパーフライとアルファフライの”いいとこどり”といった感じです。

アルファフライと同程度の反発力を持っていて、ヴェイパーフライよりも接地時に沈み込む感じがないので扱いやすいです!

実際に走ってみてもピッチ200くらいまでなら問題なく上げることができます!

アルファフライは疲れて上半身が浮いてしまうと上に跳ねがちですが、メタスピードスカイはヴェイパーフライと似た感覚で走れます!

全然同じ条件ではないのですが、参考程度にGARMINのデータを載せておきます。

スクロールできます
コンディションペース平均ピッチ平均ストライド平均心拍
メタスピードSKY8.27km(ロード)2’58/km192spm1.76m180bpm
ヴェイパーフライ10km(ロード)3’05/km194spm1.67m185bpm
アルファフライ14km(ロード)3’06/km190spm1.69m155bpm

流しでは最高ピッチ222spmまで上げることができました!本当にヴェイパーフライとアルファフライのいいとこどりといった感じです!

メタスピードエッジ

薄い。

厚底が流行り出してから2年ほど経ちますが、今までよく厚底を履いていた人には薄く硬く感じると思います。また、他のカーボン入りシューズに比べて反発を感じにくいです。

感覚としてはASICSの薄底のレーシングシューズと似ているので、薄底が好きな人は似たような感覚でカーボンの恩恵を得られると思います!

メタスピードスカイとエッジは全くの別物です!

結論:買うならメタスピードスカイ

メタスピードSKY一択!

重さが約10g程度違うのですが、全く気になりません!

また、ヴェイパーフライやアルファフライに比べてクッションが固いのでメタスピードスカイでもピッチを増やせますし、接地が安定しやすいです!

メタスピードエッジも公式のトラックレースでは使用できないことから、ロードレースや駅伝で使う場合はメタスピードスカイがオススメです。

スカイとエッジは似ていますが、履いてみると全くの別物ですので自分で確かめたいという人はASICS公式オンラインストアで30日返品キャンペーンを行っていますのでぜひ試してみてください!

まとめ

  • SKYはアルファフライ並みの反発力でヴェイパーフライよりも接地が固い
  • EDGEはSKYよりも接地が固くピッチを増やしやすいが、正直薄底の感覚に近い
  • 厚底やカーボンの性能を求めるならメタスピードSKY一択

最後に

いかがだったでしょうか?

ピッチ走法向けストライド走法向けとありますが、一概に言えないように感じます。

私もASICS公式のSKYとEDGEの判定ではEDGEタイプと判定されましたが、実際に履いてみてSKY一択だと感じました!

NIKEの厚底のヴェイパーフライはアルファフライに対抗できる一足だと思います。

気になる方はASICS公式オンラインストアから購入されてみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

地方大学で日々奮闘している現役ランナーです。
自分に限界を感じ関東進学を諦め、地元の国立大学へ進学。指導者がいない中、様々な人に伺い強くなるために模索。
理論だけではない、リアルな声を届けたいと思い、ブログを開設しました!伸び悩んでも陸上だけは真摯に向き合ってきたので、本質を伝えられるように頑張ります。
このサイトとともに成長出来たらなと思っているので感想や質問、提案などあれば遠慮なくご連絡ください!

自己ベスト
5000m:14'40
10000m:30'25

コメント

コメントする